【レシピ 】味しみしみ〜♪な 高野豆腐の含め煮

みなさんこんばんは(*^o^*)

本日は、味しみしみ〜な高野豆腐の含め煮の紹介です。

高野豆腐の含め煮

【レシピ 】味しみしみ〜♪な 高野豆腐の含め煮

材料(2人分)

高野豆腐の含め煮 の作り方

①【下準備】干し椎茸はサッと流水で水洗いし容器に入れ冷水をひたひたに入れ、約6〜12時間くらい冷蔵庫に入れじっくりと戻す
②バットなどに高野豆腐を並べ、60℃のお湯をそそぎ入れて戻す。4〜6等分に切り、押し洗いしてしっかりと水気をきる。
③鍋にAを入れて中火にかけ、高野豆腐を加えて落とし蓋をし、弱火で5分ほど煮る。
④にんじんは5mm幅の輪切りにし、大きい場合は半月切りに。干し椎茸は石づきを取って半分に切る。(小さいものはそのままで○)
⑤きぬさやはへたと筋を取る。
⑥3ににんじんと干し椎茸を加え、再び落し蓋をしてさらに10分ほど煮る。
⑦絹さやを加えて落し蓋をして1分ほど煮たら、味を整え、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷ます。
⑧冷めたら器に盛って完成。

ポイント

ポイントは食材によって入れるタイミングを考えること!と、一度熱を冷ますこと!

食材によって火の通り、違いますもんね。

特に青いお野菜は、先に一緒に入れてしまうと、柔らかくなりすぎたり、色が悪くなってしまいます。

火の通りが悪いものから入れ、青いものは最後に入れましょう。

さやえんどう、私は面倒臭いので、最後に加えて落し蓋をして火を入れましたが、

別の鍋で塩茹でして、最後に一緒にするのでも良いと思います。
(そっちの方が見た目は若干さやえんどうの色合いが綺麗に仕上がります、、、が洗い物を出したくないので、私は最後に加えるだけ)

野菜には味をしっかりしみこませ、全体的に出汁の旨味と優しい甘みをきかせ、ちょうど良い塩加減に仕上げました。

出汁と干し椎茸の旨味がしっかりきいているので、お肉やお魚がなくとも、とっても美味しいですよ〜!

image_print印刷ページはこちら♪