【簡単レシピ 】 水茄子と生ハムの前菜

こんばんは。 
今日は旬の水茄子を使った簡単おつまみを紹介します。

材料

  水茄子と生ハムの前菜 の作り方

①水茄子は、ヘタを切り落として皮をむき、1cm角に切る。生ハムも1cm角に切る。すだちはよく洗って皮を削っておく。
②ボウルにAを入れてよく混ぜ合わせ、(1)を加えて冷蔵庫に入れて30分置く。
③味を見て、塩・胡椒・蜂蜜で味を整え、皿に盛り、(1)のすだちの皮を散らす。

ポイント

✅水ナスは塩をして、アクを抜きましょう。しばらく放置しておくと、色が悪くなってしまいますので、切ったらすぐにアクを抜き、すぐに他の調味料とマリネしましょう〜^^

✅すだちがない場合はレモンでも代用可。

火を使わず、切って、漬て、冷蔵庫で30分冷やすだけ!

なのにとっても美味しくて、日本酒にもワインにもあうんだ〜

さっぱりしていて、すだちの香りがイイ感じです❤(すだちじゃなくてもレモンでもイイよ)

水茄子は、旬の時期だと、スーパーや八百屋さんで1本80円〜100円くらいで売ってるよ

プライベートの話

さてさて、先週はおじいちゃんおばあちゃんが東京に遊びに来ました〜!

8/7はおじいちゃんの82歳のお誕生日だったので、お祝いしたよ

最近少し老いて来たけど、それでも石川から東京に飛行機乗って遊びに来れるのは、元気な証拠!!

82歳、まだまだいけるよおじいちゃん!ずっと元気で居てね!!

私の花嫁姿と、子供の顔を見るまでは、ボケないでね!(…10年猶予を希望←)

とりあえず、おばあちゃんには、おじいちゃんに脳トレをさせるように吹き込んでおきました

(おばあちゃんは信じられないくらい元気で若いので、まだまだボケる心配なし。笑)

一日目は、お誕生日のお祝いランチをしてから、おばあちゃんと二人でGIRLS DAY OUT(おじいちゃんは用事があったのだ)

たくさん遊んでたくさん話しました〜。学ぶことたくさん

池坊の華道家のおばあちゃんは、

頭も良くて(昔はとても成績優秀だったらしい)、美的センスも良くて、

華道も茶道も、それでもって器や日本の文化にも精通していて、

お料理もお掃除も上手で、コミュ力も高い。

それでもって若くから独立して、バリバリ仕事をして自立心の強い人。

おじいちゃんみたいな、亭主関白な人とうまくやってけたのも、忍耐強さがあったからなんだろうなぁと思う。

一番尊敬している人、と聞かれたら、

私は、おばあちゃんなんだなぁと、今回一緒にいてつくづく思いました

ジャンルは違えど、同じ”先生”としての道を選んだ、人生の先輩だし、

元気なうちに色々教えてもらわないと!!(しみじみ)

二日間一緒に過ごした祖父母ですが、

小さい頃から親のように私を可愛がってくれました。

中高わがまま放題で、たくさん迷惑かけたけど、、、

上京してからもずっと私のことを気にかけてくれる、第二の両親

(むしろ親より気にかけている)

でもやっぱり年はとるし、いつかは別れは来るんだよね。

そしていつ別れが来るかは誰もわからないことで・・・

普段離れているからこそ、

会う時間や電話する時間は大事にしないといけないなぁ〜

(しみじみ アゲイン)

明日改めて、ありがとうって電話しよっと!

image_print印刷ページはこちら♪