【週末レシピ】デリ風南仏 ケークサレ

こんにちわ(*^o^*)

今日は土曜日!暑くなって来たので、BBQに行く方も多いんではないでしょうか^^?

今日は持ち寄りにもオススメの、デリ風 南仏風ケークサレの紹介です〜😉

ケークサレとは、甘くないケーキ、フランスの定番のお惣菜ですが、オリーブとドライトマト、タイムなどを使用して、南フランスをイメージして作ったケークサレです。

(持ち寄りパーティで、白ワインorスパークリングと一緒に持って行く、私の定番レシピです😃)

こんな風に盛り合わせにもオススメですよ(*’▽’*)

材料(6〜7人分)

ドライトマト         : 1〜2個

種無しオリーブ(緑・黒) :各10 個

ベーコン           :40g

タイム(あれば)       :2本

卵            :2個

A  パルミジャーノレッジャーノすりおろし:40g

A  牛乳         :50ml

A  サラダ油       :80ml

A  塩          :1.5〜2g

B  薄力粉        :100グラム

B  ベーキングパウダー  :6g

使った型はこんな感じ〜。Kai houseのサイズ:8.7×21.5×6cmを使ってますよ(*^o^*) テフロンセレクト加工で型離れしやすく、こびりつきにくいので愛用してます^^

 

ケークサレ の作り方

①種無しオリーブは水気を切り、スライスする。

ドライトマトはお湯で柔らかくなるまで戻して粗みじん切りにする。

ベーコンはキッチンペーパーの上に、重ならないように並べ、さらにその上にキッチンペーパーをかぶせて電子レンジに500wで1分加熱する。キッチンペーパーごと裏返し、さらに1分加熱し、あら熱が取れたら細切りにする。(耐熱のものをご使用ください。もしくは普通にフライパンで焼いてもOKです!)

タイムは、1本は枝を取り除いて葉のみを使い、もう1本はそのまま使う。

②ボウルに卵を加え、菜箸でほぐしながらAを加える。さらにBをふるいにかけながら加え入れ、粉っぽさがなくなるまで混ぜ合わせたら、(1)のオリーブ2/3量と、残りの材料をさっくり混ぜ合わせる。

※粉を入れてから混ぜすぎると、ふくらみが悪くなってしまうので、さっくり!が大事です。 ③オーブンペーパーを敷いたパウンド型に(3)を流し入れ、(2)の残りのオリーブをのせたら、タイムものせる。(膨らむので、8分目くらいまで)

④天板に乗せ、180度に予熱したオーブンで40分焼き、表面と側面に焼き色がつき、生地の割れ目が乾いていたらオーブンから取り出し、ケーキクーラーの上に置いて冷ましてから型から取り出す。 ⑤1.5cm厚さに切って器に盛る。

あ、わかりやすく、動画を作ってみたので、是非参考にしてくださいね(`_´)💖(それを早く出しなさいよ←)

https://www.youtube.com/watch?v=2mx-Crc_Ous

その他

日持ち:冷蔵3〜4日/冷凍 1ヶ月(オーブントースターで温め直して食べてね😉) 調理時間:1時間(オーブンでの焼き時間40分を含む)

ケークサレ のコツ・ポイント

パルミジャーノレッジャーノの代わりにパルメザンチーズを使う場合は、塩分量が高いので量を減らしてください。(ただ、パルミジャーノレッジャーノの方が香りもコクも断然強いので、パルミジャーノレッジャーノを使うことをオススメします!)

✅種無しオリーブをご使用ください。タネがついているオリーブを買ってしまうと、剥がすのに大変苦労します😂

✅ドライトマトの代わりにミニトマトを使うと水分で水っぽくなるので、是非ドライトマトをご使用ください。 (アクアパッツァやピッツァ、パスタなど、結構使えますよ❤賞味期限も長いですし^^)

✅オーブンによって温度が異なるので、調整してください。 (使用年数が長いオーブンは温度が低くなったり、小さいオーブンは一度あげると庫内の温度が下がりやすいので、長めに加熱してください。また、確認で開け閉めが多いと温度が下がりやすいので、我慢してあまり開けないようにしてくださいね😉)

ではみなさま、良い休日をお過ごしください😉

image_print印刷ページはこちら♪