【レシピ 】 秋刀魚のガーリックステーキ

こんにちは(*^o^*)

今日は旬の秋刀魚を使った、お料理を紹介しますニコニコラブラブ

秋刀魚は塩焼きが定番ですが、毎回塩焼きっていうのも、勿体無い!

お料理のレパートリーを増やして、旬の秋刀魚をたくさん味わいましょうラブドキドキ

 秋刀魚のガーリックステーキ

材料(2人分)

 秋刀魚のガーリックステーキ の作り方

①すだちは半分にカットし、大葉は葉元の茎を切り落として半分にカットする。ニンニクはつぶす。
②秋刀魚は三枚卸しにする。小骨を指で確認しながら、骨抜きで抜く。(気にならなければ大きめのものだけでOK)
③半分に切った大葉を秋刀魚に2枚ずつのせ、尾の方から巻いていく。巻き終わりを楊枝でとめ、小麦粉を薄くまぶす。
④フライパンにオリーブオイル(なければサラダ油)をひき、ニンニクを入れ、中弱火にかける。焦げないようにきつね色になるまで焼いて油に香りをうつし、取り出す。そこに(4)の秋刀魚を入れ、蓋をして中火で焼いていく2〜3分で片面がこんがり焼けたら、サンマをひっくり返して、蓋をしないでもう片面もこんがりと軽く。(写真は倍量)最後に側面もかるく焼き付ける。(油が多いようであればキッチンペーパーなどで拭き取る。また側面は皮が剥がれやすいので、楊枝を掴んで焼き付けると良い)
⑤フライパン全体のの鍋肌に醤油をまわしかけたら、爪楊枝をそっと抜きとり、皿に盛ってすだちを飾る。

ポイント

✅秋刀魚は焼きすぎると、サンマ自体の油が抜けてしまいます。焼き過ぎないよう、蓋をして蒸し焼きにして中まで火を通し、最後はフライパンで焼き付け、こんがりと香ばしく焼き上げましょう。

今回のお料理は、サンマを三枚におろして大葉を巻いて、ニンニクで香り付したオリーブオイルで焼き上げますもぐもぐ乙女のトキメキ

骨もないから食べやすいし、大葉とニンニクと秋刀魚、、、もう間違いない組み合わせですよねっドキドキラブ

ビール、日本酒、焼酎、どれにも合うお願い恋の矢

image_print印刷ページはこちら♪